民法入門学習|宅建、行政書士、法務|講座:宅建民法・行政書士民法|民法CD|民法学習、民法入門|民法条文|民法基本テスト|法律勉強方法、法律学習法

「ホータス」はメディア人教育事業部のブランド名です。
Google
目的別 一般・総合 民法講義CD 民法徹底解説講座CD ショッピング 無料 基本テスト よくあるご質問



みんなの民法学習
【みんなの民法学習 トップページ】
Yahoo!Japan登録サイト

 民法CD
「聞く民法入門」
民法の基本、安心できますか?
1講義たった25分。電車で聞ける。
「過去問に学ぶ民法 宅建20講義」
民法条文の読み方、わかっていますか?宅建過去問で学ぶ。

 宅建 民法の勉強方法
宅建民法の出題傾向
今年の宅建試験
一般的な宅建講座の民法内容
合格後に必要な民法の能力
宅建民法の勉強方法
宅建に役立つ民法参考書
過去問WEB講座のご紹介

 行政書士 民法の勉強方法
行政書士民法の出題傾向
今年の行政書士試験
一般的な行政書士講座の民法内容
合格後に必要な民法の能力
行政書士民法の勉強方法
行政書士に役立つ民法参考書
過去問WEB講座のご紹介
  民法の入門学習
民法条文の読み方

 皆さんが一般に「民法を学ぶ」といった場合、解説書等に載っている事項を勉強するイメージかと思います。

 では、その解説書は何をもとに書かれているのでしょうか。

 それはまず、民法の条文をもとにし、それに最高裁判所の判決である判例にあわせて、通説といった学説等を総合して書いているわけです。

■民法条文の読み方を詳しく書いた本は少ない
 民法を学ぶ者にとって、民法の条文は避けて通ることができません。にもかかわらず、「条文の読み方」について詳しく書かれた本、条文と解説書の橋渡しをするような本はあまりみかけません。たいていの場合、根拠となる条文を示すものの、根拠となる条文と解釈の間の情報が少ないことが多いため、特に初学者の方には、何が書いてあるのか、言外の意味がわかり得ません。そのため、条文の重要性が理解できず、解説をまとめた情報を求めるようになったりしてしまいます。

■条文を学ばない、民法学習は、まさに「砂上の楼閣」
 しかし、このことは後に学習を進める上で、また、合格後、法務に携わる時に、まさに「砂上の楼閣」といった民法の実力状況になりかねず、法律を習得した人、往々にして、上司・同僚・後輩・クライアントといった人たちから、一瞬にしてその事実を見抜かれてしまいかねないのです。

何が申し上げたいかというと、皆さんの多くは民法の学習を入門書・解説書・基本書などを使用されているかと思います。確かに、条文の重要性は重要性として、このやり方自体に問題があるというつもりは、まったくありません。ただ、そこに書かれている内容は、条文の内容だけではなく、通説の見解や判例の見解などもまとめて混在して書かれている、ということを知っておいていただきたいのです。自分では、解説書にあったのだから間違いない、と確信があっても、その内容は自分が理解していた内容、明記されている内容とはまったく違う「言外の意味」を含んでいるということもよくあります。そこで、法律学習者は、その上で、どこまでが条文に明記されているかをチェックしていく(覚える必要はありませんよ)とよい、ということなのです。

■膨大な民法条文をどのように学ぶか
 六法の中でも桁違いに膨大な民法条文。一体どう学ぶのが、効率的なのでしょうか。最初から順番に暗記しますか?最も効率的な勉強方法は、重要な条文から順番に、必要に応じ、重要なテーマごとにまとめながら、理解していくことです。意味的な関連付け、有機的なつながりを押さえながら勉強を進めることにより、目標に到達するまでの勉強総量をがくっと減らすことができます。また、試験直前の復習などでも、適切に優先順位をつけることが有効です。

■具体的な優先順位をどうつけるか
 では、どの条文がどのように重要か、何を判断基準にするのが適切でしょうか。「過去問」が鍵を握っています。すなわち、重要な条文とは、一般的な事例でよく使われる条文であり、結果として、試験にもよく出る条文であり、その学習は、同時に各種試験対策にもなるからです。例えば、宅建過去問は宅建試験対策であるのは、もちろん、問題傾向の似た行政書士試験対策、および司法書士試験対策の取っ掛かりのスピードアップにも有効です。
 このような視点から、「みんなの民法学習」では、民法とその基本である、民法条文を徹底的に理解する勉強方法として、「過去問に学ぶ民法」講座を開講しました。この講座は、過去問を題材に、徹底的に民法条文解説を行います。民法の重要なテーマ・項目について、正解肢はもちろん、すべての選択肢、関連の民法条文、法律用語、判例、法律問題文の読み方などを詳細に検討しながら、有機的に学びます。宅建民法過去問と行政書士民法過去問について開講し、宅建講座については、開講期間を終了。全20講義についての民法講義CD「過去問に学ぶ民法 宅建20講義」を発売しています。

■条文徹底解説「過去問に学ぶ民法」講座CD
 「過去問に学ぶ民法」講座は、過去問を核とし、そこにつながる重要条文、重要判例、重要用語、法律問題文の読み方とともに、有機的に徹底理解をしていきます。例えば、一般の過去問解説本で、「正解A。民法○条より明らか。」と1行に満たない説明を単に読むのと比較した場合、イメージとしては、その100倍の関連学習が可能です。1題の重要な過去問から多くの関連情報を学びます。通常、法律の勉強をしている人は、主体として使用する書籍以外に、用語の確認、条文の確認、判例の確認と厚い書籍を複数冊広げて行うものですが、これがパソコンに挿入したCD1枚で可能になります。

■民法条文の読み方を身につけよう
 一般的な基本書・入門書には、要約や引用のみしか載っていないことも多い民法の条文解説。そこの解釈の仕方を身につければ、あなたの民法理解は飛躍的に深まり、それぞれに次のステージが見えてきます。初心者の方は、民法そのものの概要や骨格、全体像を知る「聞く民法入門」をマスターしてから、民法条文に進むと、勉強の効率性がより高まります。
 「民法の全体像把握」と「民法条文の読み方マスター」は、基本でありながら、同時に深める学習の第一歩ともなります。「民法の基本」の範囲は、その人が研究者なのか、実務家なのか、受験生なのか、など、その人と民法との関わり方によって、当然変動しますが、どの立場の人にとっても、絶対に必要で、まったく無駄にならないのが、「民法の全体像把握」と「民法条文の読み方マスター」だと言えましょう。

 入門書・基本書のみを読んでいる人には決して得られない、条文を基礎にした、確実な実力。なにより、自信があふれてきます。そして、そうした学習を経たあなたの変化は、法律家としての基盤のある人たちの側からは、ちょっとしたやり取りからすぐにわかるでしょう。

前のページに戻る    データCD「過去問に学ぶ民法 宅建民法編」

このページの上へ
講義CD「聞く民法入門」
民法の基本、安心できますか?
1講義たった25分。電車で聞ける。
他の民法の勉強方法の比較はこちら
過去問WEB講座
■宅建講座「過去問に学ぶ民法」 一部公開中
■行政書士講座「過去問に学ぶ民法」一部公開中
行政書士・宅建過去問解説・民法の条文解説・法律問題文の読み方 教えます
民法学習方法についてのご相談も受け付けています。
こちら
講義CD「聞く民法入門」
民法の基本、安心できますか?
1講義たった25分。電車で聞ける。
民法データCD 「過去問に学ぶ民法 宅建20講義」
民法条文の読み方、わかっていますか?
宅建過去問で学ぶ。
他の民法の勉強方法の比較はこちら
過去問WEB講座
■宅建講座「過去問に学ぶ民法」 一部公開中
■行政書士講座「過去問に学ぶ民法」一部公開中
行政書士・宅建過去問解説・民法の条文解説・法律問題文の読み方 教えます
民法学習方法についてのご相談も受け付けています。
こちら

免責
プライバシーポリシー
お役立ちリンク
リンクについて

COPYRIGHT(C) 2005-2009 MEDIA-JIN.ALL RIGHTS RESERVED.
著作権者(株)メディア人 転載・複製・頒布等禁じます。