民法入門学習|宅建、行政書士、法務|講座:宅建民法・行政書士民法|民法CD|民法学習、民法入門|民法条文|民法基本テスト|法律勉強方法、法律学習法

「ホータス」はメディア人教育事業部のブランド名です。
Google
目的別 一般・総合 民法講義CD 民法徹底解説講座CD ショッピング 無料 基本テスト よくあるご質問



  民法の入門学習
民法の基本とは

民法の基本とはなにか。これは、実は各種民法入門本の著者により、かなりばらつきがあるのが実態です。

●大学:研究者の立場から、入門レベルが高度になりがち
大学の先生が考える初心者の入門レベルは、かなり高く設定されているのが普通です。法学部の学生でもわからないことがあります。というのも、もともと大学の先生は、法解釈学、つまり一つの条文に対して「こうも言える、こうも言える、こんな判例が出た」と多様な解釈を研究し、深く追究する研究者だからです。一般的に初心者段階では、色々なことをいっぺんに理解するのは、かなり難しく、法解釈面から言えば多少乱暴でも、「この条文の意味はこう」としていかないと入門学習はなかなか進みません。

大学ではこういった条文の基本的理解は各自が学習するものという位置付けです。実はこの基本理解が難しいのですが、確かに大学の先生に、各法についての一つ一つの条文について、単純化した意味を教わる、ということは無理があるようにも思います。なぜなら、その段階の知識、伝授は、教授のように深い理解がなくても可能だからです。

●予備校:「試験対策型」で「捨てる」指導が入るかも?
講座も書籍も同じですが、生徒募集あるいは販売しやすいよう、「○○試験対策」といった対策型勉強を重視しているのが、予備校の大きな特徴です。したがって、「民法の基本」と言っても、実際には、「試験対策型」で、本当の初心者には適さない場合があります。というのは、試験対策というのは、本来、短期間に高得点を目指すためのものですので、例えば、宅建試験での民法などのように、暗記さえ押さえていれば捨てても合格する、と見込まれる場合などには、時間のかかる学習方法は取らないのが一般的です。

「まず合格、その後のことはその時考える」というのは、短期間で多くの科目を勉強しなければならない受験生の立場に立てば、やむをえないともいえます。しかし、法律は、本来は、法律ごとに基本を押さえた後、発展させていくのが最も効率的で速い学習方法であるのに対し、試験対策型勉強は試験の配点や出題特色などを考えた場合、むしろ、個別的にならざるを得ないのです。結果、法律の勉強という意味では、理解・速度に二度手間とロスが生じてしまうことになります。
ある法律をきちんとマスターするための入門方法としては避けた方がよさそうです。

●弁護士:授業・講義に十分な準備が難しい場合も
弁護士の先生は、実務的な法に対する深い理解を持っています。入門指導に打ってつけのようですが、それも個人差があります。
最近少しずつ増えてきたとはいえ、我が国の弁護士はまだまだ不足しています。つまり、多くの弁護士の先生は本業が多忙。当然本業が優先で、講義のための準備時間は削られざるをえないのが現状です。一部教育者としても優秀な弁護士の先生がいらっしゃる反面、授業・講義について言えば、やっつけ仕事の場合も。初心者には理解できないことが多いでしょう。

このページの上へ
講義CD「聞く民法入門」
民法の基本、安心できますか?
1講義たった25分。電車で聞ける。
他の民法の勉強方法の比較はこちら
過去問WEB講座
■宅建講座「過去問に学ぶ民法」 一部公開中
■行政書士講座「過去問に学ぶ民法」一部公開中
行政書士・宅建過去問解説・民法の条文解説・法律問題文の読み方 教えます
民法学習方法についてのご相談も受け付けています。
こちら

講義CD「聞く民法入門」
民法の基本、安心できますか?
1講義たった25分。電車で聞ける。
他の民法の勉強方法の比較はこちら
過去問WEB講座
■宅建講座「過去問に学ぶ民法」 一部公開中
■行政書士講座「過去問に学ぶ民法」一部公開中
行政書士・宅建過去問解説・民法の条文解説・法律問題文の読み方 教えます
民法学習方法についてのご相談も受け付けています。
こちら

免責
プライバシーポリシー
お役立ちリンク
リンクについて

COPYRIGHT(C) 2005-2009 MEDIA-JIN.ALL RIGHTS RESERVED.
著作権者(株)メディア人 転載・複製・頒布等禁じます。