個別指導スカイプ塾|株式会社メディア人

帰国子女にとって「国語」は鬼門か(3)

国語のハードルと英語のハードル
 何がいいたいかわかりますか。帰国子女試験で問われる国語力とはその程度なのです。要は日本語の授業が理解できて、試験で点数が取れて、学校でのコミュニケーションに問題がなければいいのです。少なくとも日本で教育を受けて来た生徒と同様の国語力など要求されていないということです。これはたとえ、一般生と同様の国語テストが課されている場合も同じです。国語が得意な一般生のような点数は誰も要求していないのです。ではなぜ簡単な帰国生用の問題ではなく一般生と同じ問題が課せられているかというと、専用の問題を作るのが大変だからといった以上の意味はありません。受験者数の割に手間がかかりすぎるのです。「さぼるな」なんて言わないでください。それだけ入試問題作成にはどこも神経をつかっているのです。多くの帰国子女試験受験者はこのことがわかっていない場合が多く、一人で国語試験のハードルを高くしている人が多いんですよ。当然その分英語のハードルは高いですよ。論理的に考えても英語中心に勉強してきた帰国生に英語と同じ高さのハードルを国語に課すわけがないですよね。ただ、英語のハードルが高いというのは日本の一般生と比較の場合で、当の帰国生諸君はあまり高いとは思っていないケースが多いです。だからこそ、国語のハードルを自分であげてしまうのでしょうが、それだけ帰国生の英語力は一般的に高いということです(あえて一般生のハードルが低いとはいいません。絶対言いません)。要は真面目なんですね。

(4)へ続く



このページの上へ▲
COPYRIGHT(C) MEDIA-JIN.ALL RIGHTS RESERVED.
著作権者(株)メディア人 転載・複製・頒布等禁じます。